プロテインは近年、筋肉の増強以外の目的でも利用される機会が増えてきました。

健康的にやせる目的や、落ちてきた筋力を回復させる目的でプロテインを飲み始めた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

プロテインに限らず、サプリメントを正しく摂取するには正しい知識をつけておいた方が良いことは間違いありません。

今回はプロテインに関する知識をつけることができる資格についてご案内します。

プロテインに関する専門資格、「プロテインマイスター」

プロテインを飲んでいる女性

プロテインと聞くとサプリメントの中の一種と感じてしまう方が多いですが、一般的にはタンパク質と呼ばれる体に必要な5大栄養素の一つです。

プロテイン(タンパク質)に関する正しい知識と理解を深めていく「プロテインマイスター」という資格があります。

プロテインマイスターとは

一般社団法人日本プロテイン協会が認定する民間資格で、規程のカリキュラムを受講し試験に合格すると認定証が発行され、「プロテインマイスター」と認定されます。

日本プロテイン協会認定について

日本プロテイン協会は、プロテインに対する正しい知識と理解を広げることを目的に、 2018年に設立された一般社団法人です。

元プロ野球選手の加藤幹典さんが代表理事をされています。

1985年、神奈川県生まれ。慶大から2007年大学生・社会人ドラフト1巡目でヤクルト入団。12年オフに引退、同年12月からヤクルト本社・宅配営業部に勤務。15年に同社直販営業部に異動。同年3月に退社。2018年7月26日一般社団法人日本プロテイン協会設立。

引用元:一般社団法人日本プロテイン協会|日本プロテイン協会について

プロテインの種類もたくさん流通してきているので、正しい知識を広めるために活動していただけるのは素晴らしいことだと思います。

プロテインマイスター資格取得の流れ

e-learning

プロテインマイスター資格を取得するには資格試験の合格が必要ですが、取得の準備から流れを説明いたします。

受験条件は無いので誰でも申し込めます。

一般的な資格では年齢や履修科目を指定されているものもありますが、プロテインマイスターには受験するための条件はありません

ただし、学習と試験はインターネットを使って実施されます。

インターネット通信環境が無いと受験は難しく、また動画視聴もカリキュラムに含まれているので通信量制限のある電話回線よりは安定したインターネット契約回線を利用した方が安心です。

申込みから試験までの流れ

申込みから試験まですべてインターネットを使って行われるオンライン方式です。

申し込み方法

オンライン試験の申込みは専用のプロテインマイスターオンライン申込画面から登録をしてください。

登録後、マイページでプロテインマイスターの試験申し込みができます。

申込後メールで受験料の支払いについての案内が届きます。

受験料は38,000円

少し大きな金額ですが、学習用テキスト・動画と受験料の合計38,000円(税込)です。

支払方法は以下の3種類の中から選べます。

  • クレジットカード決済
  • コンビニエンスストア決済
  • Pay-easy(ペイジー)決済 ※銀行ATM・ネットバンキング

支払いが完了するとプロテインマイスターのための勉強が始められます。

勉強方法のオンライン主体

テキストはマイページからダウンロードできますので、印刷したりパソコンの画面で見たりして内容の理解を深めてください。

マイページには学習用の動画も用意されています。

すべての動画を視聴しないと試験を申し込みすることができません。

内容をしっかりと頭に入れて試験に臨めるように工夫されていますね。

試験後すぐに判定が出ます

試験方法はCBT(Computer Based Testing)方式で行われ、コンピュータを使って実施されます。

試験時間は60分で、4択問題が計50問出題されます。試験終了後、すぐに結果が表示され、80点以上で合格となり、合格してればプロテインマイスターと認定されます。

受験の注意点

最初に申し込みをしてから6ヶ月(180日間)以内に試験を受けなければいけません。また、期間内に受験して不合格となり、再試験料(3,000円)が必要になります。

期限内にしっかり勉強して試験に望むようにしましょう。

プロテインの情報以外でも食品に関わる知識も身に着けないと回答できない問題もあります。

計算問題もあるので、方程式をしっかり理解していないと間違ってしまうこともあるので、勉強の際にはしっかり習得するようにしましょう。

プロテインマイスターの資格の魅力は3つ

勉強する男性

国家資格ではないので専門の職業につけるわけではありませんが、資格をとるために身に着けた知識は活かしていけます。

筋力トレーニングやダイエットにつかわれるプロテインは幅広い年代に人気の食品なので、専門の知識を付けておくと多くの方にアドバイスできるようになります。

資格取得の条件は特になく受けやすいのも魅力

受験するための条件は特にありません。どの年代の方でも受験できますので、自分自身のためにプロテインを使われている方がより深い知識をつけるために受験するには良い資格であると言えます。

勉強や試験も自分のペースで進められる

資格試験によっては試験実施の日程が決まっていたり、試験地までいかなければならなかったりすることもありますが、インターネットをつかったオンライン型の勉強・試験なのでいつでも自分の都合の良いタイミングで勉強を進められるのも魅力です。

普段仕事をしている社会人の方でも、空いた時間に勉強ができます。

好きなことを認めてもらえる

試験をうける為に費用はかかりますが、専門性の高い資格なので筋力トレーニングやダイエットのアドバイザーとして役に立てるようになります。

現在、スポーツトレーナーなど体作り・健康づくりに関わるお仕事をされている方はご自身の興味からトレーニングに取り組んでいる方も多いと思います。

好きな事を認めてもらえる資格としてプロテインマイスターを取得しても良いと思います。

プロテインマイスター資格を持っている有名人

まだまだ知名度の低いプロテインマイスター資格ですが、芸能界で活躍されている方も実際にプロテインマイスター資格を取得されています。

金田朋子さん(声優)

安田団長(安田大サーカス)

時任ぁみさん

【まとめ】プロテインマイスター資格

試験範囲には筋肉増強を目的としてプロテインの情報だけでく、普段の食生活のなかでのタンパク質以外の成分(脂質などの栄養素)に関する内容もありました。

うまかサプリを運営している株式会社SUNAO製薬には実際にプロテインマイスターの資格を取得したスタッフが在籍しております。

普段の生活でもプロテイン(タンパク質)は必要な栄養素の一部です。

プロテインについて知りたい方も、トレーニングをして体作りをしたい方も、プロテインマイスターの資格を取って、良いプロテイン生活を過ごしてみてはいかがでしょう。