「五大栄養素ってなに?」と聞かれてすぐに答えられますか?

五大栄養素とは人間が生命活動を営む上で欠かせない栄養素で、タンパク質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラル(無機質)の5種類に分けられます。

小学校の家庭科で習うことなのですが、すぐに答えられないという方も、意外と多いのではないでしょうか。

今回は『五大栄養素』とその役割についておさらいしてみたいと思います。

五大栄養素の特徴と役割

5大栄養素 イラスト

五大栄養素には下記の3つの大きな役割があります。

  1. カラダを作る
  2. エネルギーになる
  3. カラダの調子を整える

では、五大栄養素それぞれにの特徴と役割を紹介します。

タンパク質

タンパク質は肉・魚・乳製品・大豆などに多く含まれ、筋肉・内臓・皮膚や爪に至るまで、カラダを構成する主要成分です。

つまり『カラダを作る』役割を担っています。

タンパク質は約20種のアミノ酸から構成されていますが、そのうちの9種類は体内で作ることが出来ないため、食事で補う必要があります(必須アミノ酸)

脂質

ダイエットを心掛けている方などには敬遠されがちな脂質ですが、実は生命活動をする上でなくてはならない『エネルギー源』です。

脂質は効率の良いエネルギー源で、1gで9kcalのカロリーを得ることが出来ます。特にウォーキングやジョギングなど長時間の運動(有酸素運動)のエネルギー源として利用されます。

バター・マヨネーズ・マーガリン・ゴマ・ナッツ類など、油分を多く含む食品から摂取することが出来ます。

炭水化物

炭水化物は糖質と食物繊維の2つに分けられますが、エネルギー源になるのは糖質の方です。

他の栄養素よりもエネルギーになりやすく、体内ではグリコーゲンという形で肝臓や筋肉に貯蔵され、必要に応じてエネルギーに変換されて使用されます。

短距離走や筋トレなど瞬発的な運動(無酸素運動)で使用される他、脳のエネルギー源としても使用されます。

ビタミン

ビタミンはカラダを作ったり、エネルギーになることはありませんが、タンパク質・脂質・糖質の分解や合成を助け、補完する役割を持ちます。

ビタミンはそのほとんどが体内で合成できないため、食事で補う必要があります。油に溶けやすい脂溶性(A・E・D・K)と、水に溶けやすい水溶性(B群・C)があり、脂溶性は摂りすぎると過症状になる可能性があるので注意が必要です。

ミネラル

ミネラル(無機質)は、カラダを構成する元素から酸素・炭素・水素・窒素を除いたものの総称で、こちらも食事で補う必要があります。

まとめ

いずれかが欠けるとカラダの不調に繋がってしまうので、バランスの良い食事を心がけることが大切です。

上記の栄養をしっかり補うにはバランスの良い食事が必須です。
以前は『1日30品目』が良いとされていましたが、2000年にその基準は改定され、現在では上記の五大栄養素がしっかり摂れればよい、という考え方が主流になりつつあります。

皆さんもぜひ、五大栄養素を意識して食事のメニューを考えてみてはいかがでしょうか。