肝臓がんとは

ガンの中でも恐ろしい『肝臓ガン』


日本人の死因第1位の『ガン』


日本人の2人に1人はガンに罹患し、3人に1人はガンで亡くなると言われています。


中でも<肝臓ガン>は生存率が低いことで知られています。

日本では年間約30,000人の方が肝臓ガンで亡くなっていて、男性では肺ガン、胃ガンに次いで、ガンによる死亡原因の第3位となっています。

【肝臓ガンの生存率】

<生存率が低い肝臓ガン>

ご存知の方も多いと思いますが、ガンは発見の段階ごとにステージ1~4までに分けられます。


最も早く発見できればステージ1、最も遅いものがステージ4です。

その全期間の平均を取った、50代男女の主要なガンの10年生存率は下記の通りです。

  • 肺ガン … 男性:38.9% / 女性:43.1%
  • 胃ガン … 男性:71.2% / 女性:68.9%
  • 大腸ガン … 男性:64.8% / 女性:73.2%
  • 肝臓ガン … 男性:16.2% / 女性:17.0%

多くのガンは再発もなく5年間生き延びればガンは治ったと考えていい、とも言われます。


ですが、肝臓ガンは5年を過ぎてからでも再発することが多く、それが生存率低下の大きな要因となっています。

例えば50代男性でステージ1の大腸ガンと肝臓ガンを比較すると、大腸ガンの場合、5年生存率が97.4%で、10年生存率が98.8%とほとんど変わらないのに、肝臓がんは5年後生存率が62.0%で、10年生存率が27.8%と極端に低くなってしまいます。

【肝臓ガンの原因】

<肝臓ガンの大きな原因の一つが肝炎ウィルス>

肝臓ガンは肝炎が持続すること(慢性肝炎・肝硬変)によって起こります。


日本の場合、肝炎の原因はそのほとんどがウィルス性(C型肝炎・B型肝炎)によるもので、アルコールの過剰摂取など、肝臓への過度の負担が直接の原因になることは少ないようです。


とはいえ、肝炎ウィルスに感染している人が飲酒をすると、発ガン率が高くなるため注意が必要です。


また、最近では糖尿病やメタボリックシンドロームに伴う肝臓ガンも増加しているようです。

【肝臓ガンの早期発見】

<異常感じにくい肝臓は早期発見が困難。。。>


わたしたち人間のカラダは、どこかに異常が出ると痛みを感じたり、かゆみを感じたりと何かしらの反応があります。


それは臓器も一緒で、例えば気管の調子が悪いとせきが出たり、ストレスがかかると胃が痛くなったり、お腹が痛くなったり。


ですが、肝臓は非常に我慢強い臓器で、少々負担がかかっても自覚症状を感じることがありません。


そのため、異常が起こっても気付きにくく、気付いた時にはすでに病状が進行していることも多々あります。


これが、肝臓が『沈黙の臓器』と呼ばれる所以です。


ですから、自覚症状を感じる前に、定期的な検診を受けることが重要になります。

【肝臓ガンを予防するには?】


肝臓ガンを予防するには下記の4点が重要です。

(1) C型・B型肝炎ウィルスの検査を受ける

<まずは検査を!>

肝臓ガンの原因の約8割は肝炎ウィルスによるものです。


ですが、日本にはそうした肝炎ウィルスに感染していながら、自分では知らない、もしくは治療を受けていない人が150~200万人もいると言われています。


まずは検診でウィルス感染の有無を調べることが重要になります。
特に40代から増え始め、60代からは急増するので、該当する方は肝炎ウィルスの検査受診をおすすめします。

(2)飲酒はほどほどに

<もう一軒、はグッと我慢?>

2012年に『世界がん研究基金(WCRF)』が発表した報告書によると、アルコールの摂取量が10g増えるごとに、肝臓ガンに罹るリスクが4%ずつ上昇するとのこと。


アルコール10g=度数5%のビールで250ml程度です。


また、WCRFは肝臓ガンのリスクを抑えるために、1日のアルコール摂取量30g以下を推奨しています。
つまりビールで言うと750mlです。缶ビール2本程度ってところです。


お酒好きの人には少し物足りないかもしれませんが、いつもの晩酌では上記の量を目安にした方が良さそうですね。

(3)コーヒーを飲む

<コーヒー好きの人には朗報♪>

近年の調査で、ほとんどコーヒーを飲まない人の肝臓ガン発生率を1とした場合、毎日1~2杯飲む人は0.52、毎日5杯以上飲む人は0.24と、コーヒーを飲むことが肝臓ガンの罹患率低下に繋がることが分かってきました。


これは、国立がん研究センターの研究チームが、日本人約10万人を対象に20年にわたって調査した結果ですので、かなり信憑性が高いと言えます。


詳しい仕組みは不明ですが、コーヒーに含まれるクロロゲン酸などのポリフェノールが影響しているのではないかと言われています。

(4)野菜や青魚を食べる

<やっぱり緑黄色野菜!>

男女約2万人を対象に、12年間の追跡調査を行った結果、野菜の摂取量が多い人は野菜の摂取量が少ない人に比べて、平均で約40%肝臓ガンのリスクが少なかったそうです。


中でもカロテノイド(αカロテン・βカロテン)を含む野菜にその傾向が顕著に表れていました。


一般的に緑黄色野菜にはカロテノイドが豊富に含まれていますので、人参やカボチャ、ホウレンソウやモロヘイヤなどの積極的に摂るといいかもしれません。


また、青魚に含まれるDHAなどの不飽和脂肪酸は肝臓ガンのリスクを低下させると言われていますので、こちらも積極的に摂取したい食材です。

再発率が非常に高くやっかいな肝臓ガン。


まずは検診で発ガンの可能性を知り、進行する前に予防に努めることを心がけたいですね。

(了)

《肝からくる悩みに》宮崎県産の薬草だけで作った酵素ドリンク・肝酵素γ(ガンマ)