桑の葉の効果効能

『桑』ってどんな植物?

 

「桑」は、クワ科桑属の総称で、昔から日本において大変馴染み深い植物です。

例えば桑は絹を取るための<かいこ>のエサになりますが、絹の生産は弥生時代にはすでに伝来していたといいます。

その頃から桑の木は各地で身近に植えられていて、特に養蚕が盛んな地域では一面が桑畑、という光景も珍しくありませんでした。

また、魔除けのために唱える『クワバラクワバラ』というおまじないも、桑の木に由来すると言われています。

 

現在は化学繊維の登場によって、あまり見かけなくなりましたが、戦前までは人々にとって非常に重要で身近な植物だったんです。

 

 

中国では漢方薬として珍重

今から約2,000年前、後漢時代の中国で書かれた薬草に関する書物『神農本草経』には、すでに漢方薬の一つとして桑の葉の記述があります。

 

同じ桑でも、干した時期と部位によって名前が異なるそうで、11月頃に葉を採取して天日干ししたものを桑葉(そうよう)、4~6月頃に若枝を刈り取って天日干しにしたものを桑枝(そうし)、同じく4~6月頃に果実を収穫して乾燥したものを桑椹(そうたい)と呼ぶそうです。

 

ちなみにクワの根皮は桑白皮(ソウハクヒ)という生薬で、利尿、血圧降下、血糖降下、解熱、鎮咳などの作用があり、五虎湯(ごことう)、清肺湯(せいはいとう)などの漢方方剤にも使用されます。

 

 

科学的に進む桑の葉の効果効能

そして、現在。

 

科学的な研究も進み、『桑の葉』には豊富な栄養と様々な効果効能が期待できる、ということが分かってきました。

 

桑の葉に含まれる成分

《ビタミン群》

ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、ナイアシン等

《ミネラル類》

亜鉛、鉄、マグネシウム、カルシウム、カリウム等

《その他》

水溶性・不溶性食物繊維、カロチン、ルチン等

 

桑の葉には上記のような成分が含まれています。

 

ちなみに他の野菜と比べて、含有量も非常に多く、例えばビタミンAはほうれん草の約10倍、鉄は小松菜の約15倍、食物繊維に至っては、ケールの約4倍で100g中約50gも含有されています。

 

桑の葉で期待される効果効能

  • 糖尿病の予防・改善
  • 食後の血糖値上昇の抑制効果
  • 高血圧の改善
  • 中性脂肪を下げる
  • LDLコレステロールを下げる
  • 腸内環境を整え、便秘を解消する
  • 肝臓や腎臓の機能を改善する

 

 

血糖値の上昇を抑制

最近何かと話題の『糖質』。

 

糖質(炭水化物や甘い物)を食べると、血糖値が急激に上昇します

糖質は本来、分解されてエネルギーとして使われますが、急に糖質がたくさん体内に入ると、エネルギーとして使い切れないため、中性脂肪に変換され体内に貯め込まれてしまう、これが太る原因となります。

 

太るだけでなく、血糖値の急激な上昇はカラダの様々な不調につながります。

 

そこで、<血糖値の上昇を抑える>食品や素材が注目されるようになりました。

 

桑の葉もその一つです。

 

桑の葉にはデオキシノジリマイシン(DNJ)』という成分が含まれていることが近年の研究で明らかになりました。

 

DNJはブドウ糖に似た構造の物質で、小腸で本来糖質を分解する酵素と結びつき、その働きを邪魔します。

つまり糖が分解・吸収されるのを抑える働きがあるんです。

 

 

桑の葉の副作用

桑の葉に関して、今の所副作用などは報告されていません。

ただし、糖尿病の治療・投薬を受けている方は注意が必要です。

治療の一環として、血糖値を下げるお薬を飲んでいた場合、桑の葉との相乗効果で血糖値が下がりすぎ、逆に低血糖状態になってしまう可能性があります。

もしそのような方がいらっしゃれば、十分ご注意ください。

昔から人々に親しまれてきた桑の葉。

生活習慣病やがん予防などにも研究は広がっているそうで、これからも色んな可能性に期待したい健康素材ですね!

 

(了)

 

《肝からくる悩みに》桑の葉も配合・肝酵素γ(ガンマ)

ヨモギの効果効能

 

ヨモギってどんな植物?

 

ヨモギの葉

 

よもぎ餅でよく知られているヨモギ。

キク科ヨモギ属の多年草で、漢字では『蓬』と書きます。

旬は春で、新芽や葉を茹でておひたしや天ぷらで食べることも出来る野草です。

 

皆さんも川べりに生えているヨモギを一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか?

昔よく父に川遊びに連れて行ってもらったのですが、その時教えてもらったのが<ヨモギの葉の曇り止め>。

絞ってほぐしたヨモギの葉とその汁で水中眼鏡を拭くと、水中メガネが曇りにくくなるんです。

そんな思い出もあってか、ヨモギの香りを嗅ぐと、なんだか懐かしい気持ちになります。

 

四方によく繁殖するので『四方草』、よく萌える草の色から『善萌草』など、その語源には諸説あります。

 

「ハーブの女王」と呼ばれるほど万能の効能で、東洋医学におけるヨモギの総合的評価も折り紙つき。

昔から民間療法に使われていて『病を艾(止)める』という意味から、生薬としては「艾葉(がいよう)」とも呼ばれています。

 

 

ヨモギの民間療法

 

日本ではお灸の<もぐさ>としてよく知られています。

 

またその昔、北海道に住んでいたアイヌの人々は、風邪の治療などにヨモギを使ったそうです。
ヨモギの茎葉を鍋で煎じ、立ち上った湯気の上に頭から着物をかぶって伏し、その湯気を受けて汗を出すという療法です。

韓国でも約600年前から同じような療法が<よもぎ蒸し>として親しまれています。

もともとは産後の肥立ちをよくする目的で行われていたそうなんですが、現在では女性特有の更年期障害や生理不順、美容など様々な効果が見込まれる美容・健康法として活用されています。

 

 

ヨモギの成分
煮出したヨモギ茶

 

食物繊維はホウレンソウの約10倍。

さらにビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、鉄、βカロテン、葉酸などビタミンやミネラルをバランスよく豊富に含んでいます。

クロロフィル(葉緑素)も豊富で、シオネール、コリン、カリオフィレンなど特有の成分も多く含んでいます。

 

ヨモギの効果効能
煮出したヨモギ茶

 

<万能の生薬>として昔から活用されてきたヨモギ。
見込まれる効果効能も実に多彩です。

《ガンの抑制》

ヨモギにたっぷり含まれるクロロフィルには、染色体異常を抑制する効果が期待できます。ガンは一種の染色体異常と考えられているので、転じて発がん抑制も期待できる、というわけです。

また、フラボノイドやカロテンなどにもがん抑制の研究報告があり、相乗的な効果が期待できます。

 

《造血や貧血予防・血流改善》

ヨモギに含まれる鉄分とクロロフィルは血液の素でもあります。
また、クロロフィルに含まれる有機ゲルマニウムは血流の改善に役立つとされています。

 

《整腸&便秘改善でデトックス》

ヨモギは整腸作用のある食物繊維がたっぷり含まれています。
さらに食物繊維の5,000分の1というクロロフィルが、小腸の繊毛にまで入り込み、溜まった毒素を排出してくれると言われています。

 

《美容やダイエットに》

ヨモギに含まれるベータカロチンは体内に入るとビタミンAに変換されます。

ビタミンAは皮膚や髪の毛、粘膜を健やかに保ち、視力の維持にも大きな力を発揮します。
また、上記のような整腸・デトックス効果もあるので、ダイエットを心がけている方にもおすすめです。

その他にも、、、

  • アレルギー改善
  • 冷え性やむくみの改善
  • 保湿効果
  • 高血圧・心臓病

などなど、見込まれる効果は多岐に渡ります。

美容・健康を考えると毎日でも摂りたいですね!
ヨモギ餅なら毎日食べられるかも。。。(笑)

そんなヨモギのエキスも配合している酵素ドリンク『肝酵素γ』
上記のようなお悩みを抱える方にも効果が期待できるかもしれませんね。

(了)

 

 

《肝からくる悩みに》ヨモギも配合・肝酵素γ(ガンマ)