尿路結石とウラジロガシ

流石にこんな大きい結石はないと思いますが。。。

尿路結石ってどんな病気?

『結石』。

皆さんも一度はお聞きしたことがあると思います。

その名の通り尿の通り道に石が出来てしまう病気です。


結石のある場所によって、腎結石・尿管結石・膀胱結石・尿道結石などと呼び方が違ってきますが、その殆どは腎臓で作られます。


症状は結石の場所やその大きさによって変わります。

激痛を伴うことも。。。


全く症状が出ないこともありますが、尿管結石では『疝痛発作』といって、激痛を伴うことがあります。
その痛みはのたうち回るほどだそうで、経験談を聞くとホントに恐ろしくなります。。。

その他、血尿が出たり、ひどい時は腎臓が腫れて高熱が出たりすることもあり、さらには腎盂炎や腎不全など重大な疾患に繋がる場合もあります。

罹患率は男性で約15%、女性で約7%と、珍しい病気ではなく、特に男性の罹患率が多くなっています。

ちなみにエジプトのミイラの膀胱からも結石が見つかっているそうで、ずいぶん昔から人類はこの結石に苦しめられてきてるんですね。

尿路結石の原因

尿に含まれるカルシウム、シュウ酸、尿酸、リン酸などは、尿の濃度が高くなると結晶になりやすく、その結晶が固まって大きくなったものが結石です。

中でもカルシウム・シュウ酸が固まってできる『シュウ酸カルシウム結石』が症状の7~8割を占めると言われています。

特に下記のような方は注意が必要です。

  • 普段水分をあまり摂らない方(尿が濃い)
  • 偏食気味・外食が多い方
  • 動物性脂肪や動物性タンパク、糖質を多く摂る方
  • 汗をたくさんかくようなお仕事をしている方
  • 精神的なストレスを抱えやすい方

また、尿酸値が高い方は尿酸が固まってできる『尿酸結石』が出来やすいので、思い当たる方はお気をつけください。

尿路結石は50%の確率で再発する?

再発率が高いのも特徴

尿路結石は再発率が高く、半数の方が5年以内に再発するとも言われています。


男性は働き盛りの30~50代、女性は閉経後の50~70代の発症率が高く、時期的には汗をたくさんかく(尿が濃くなる)夏に発症しやすいと言われています。

以前は『尿路結石はビールを飲むと良い』という話もありました。


ビールを飲むと水分補給&利尿作用で結石ができにくくなる、という考えですが、残念ながらこれは間違いです。
ビールにはかなりの量のシュウ酸が含まれている上に尿酸値も高くなるため、現在では逆に結石が発生する危険性が増すとも言われているんです。

尿管結石の予防法

尿管結石は食生活と密接な関係があります。
そのため、まずは下記の4つの点に気を付けることが重要です。

(1)水をたくさん飲む

1日2リットル以上が理想!

お茶やコーヒーにもシュウ酸が含まれるため、出来るだけ『水』で水分補給をすることが重要です。(麦茶やほうじ茶でもOK)


1日尿量が2L以上で結石の形成頻度が低下すると言われていますので、食事以外で水を2L以上摂取するのがベストです。(結構多いですが。。。)

(2)シュウ酸を含む食品に気をつける

アクが多い食品には注意!

シュウ酸はいわゆる「アク」の成分で、ほうれん草などの葉物野菜、タケノコ、紅茶、チョコレート、ナッツ類等に多く含まれていますので、こうした食品のとり過ぎには注意が必要です。


ただ、シュウ酸はカルシウムと結合すると排出されやすくなる、という特性もあります。


ですから、チョコレートやナッツを食べる時はミルクと一緒に、ほうれん草はちりめんをかけて食べるなど、カルシウムを同時に摂取するよう食べ方を工夫してみるのも効果的です。

(3)動物性タンパク質・動物性脂肪の摂り過ぎに気をつける

動物性タンパクや脂肪の摂りすぎに注意!

動物性蛋白質や動物性脂肪を多く摂ると尿酸値が高くなり、結石ができやすくなります。


例えば肉の脂身、皮肉、魚、卵、乳製品などはタンパク質や脂質が多いので注意が必要です。

(4)夕食から就寝までの時間を空ける

食べてすぐ寝ると牛に、ではなく尿管結石になりますよ!

食事をしてからシュウ酸が腎臓に運ばれるまでに約1時間ほどかかります。


その後、腎臓内のシュウ酸の量はどんどん増えていき、2~4時間ほどで最大になります。


ですから夕食後4時間程度時間を空け、就寝前に排尿してから床につく、というのが理想です。

すべて実践するのはなかなか難しいと思いますが、出来るところから始めて、予防に努めたいところですね。

結石を溶かすウラジロガシ

ウラジロガシの木

それでも尿管結石になってしまったら。。。


その時は『ウラジロガシ』の出番です。

ウラジロガシはブナ科コナラ属の応力広葉樹で、葉の裏が白いことからこの名が付きました。
日本では宮城県・新潟県以南に分布しています。

葉を乾燥させ、お茶にして飲むと胆石や尿管結石を溶かす、と言われていて、実際にウラジロガシのエキスを主成分とする医薬品(腎・尿管結石排出促進剤ウロカルン)も販売されています。

現在ではお茶も商品化され、一般に販売されているので、結石の予防や再発防止に取り入れると良いかもしれませんね。

(了)

《肝からくる悩みに》ウラジロガシも配合・肝酵素γ(ガンマ)

アカメガシワの効果効能

アカメガシワの葉っぱ

アカメガシワってどんな植物?

アカメガシワは、トウダイグサ科のアカメガシワ属に属する、高さ5~10mほどの落葉樹です。
新芽が紅色で、葉っぱが柏のように大きくなることからその名がついたと言われています。

生薬にもなるアカメガシワの樹皮

樹皮は縦に筋が入ったようにザラザラとしていて、樹液がよく出ることから、昆虫好きの方にはクワガタやカブトムシが集まる木としても知られています。

ちなみに、種子が高温にさらされると発芽しやすくなるという特徴があり、伐採や森林火災によって森林が破壊された場所に真っ先に生えるという、たくましい植物でもあります。

樹皮は「野梧桐(やごどう)」、葉は「野梧桐葉(やごどうよう)」という名前で生薬に認定されていて、一般用医薬品では総合胃腸薬等にそのエキスが配合されています。


民間では樹皮よりも赤い新葉と新芽、赤い葉鞘を乾燥させたものを煎じて、お茶として飲むことが多いようです。

また、乾燥させた葉をお風呂に入れて入浴すると<あせも>に効能があるとも言われています。


早春の若葉や新芽は食べることが可能で、天ぷらや煮浸しにすると美味です。

アカメガシワに含まれる成分

アカメガシワにはタンニン・フラボイドなどのポリフェノールが豊富に含まれていて、高い抗酸化作用が期待できます。


また、アカメガシワはその部位によって、下記のように含まれる成分が異なります。

【 葉 】… ゲライニン マロツシン酸 マロチン酸
【種子】… コロトキシゲニン マロゲニン コログラウシゲニン パノゲニン
【樹皮】… ベルゲニン ルチン タンニン

アカメガシワの効果効能

アカメガシワは、昔から胃腸を整える生薬として利用されていました。
現在では、その主成分であるベルゲニンに下記のような効果が期待できるとされています。

  • 胃酸過多・胃炎の予防
  • 過剰生腸症候群による便通以上の改善
  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃ガンなど胃腸疾患の予防
  • 胃痛・腸炎などからくる腹痛の軽減
  • 肝臓の保護

アカメガシワをお茶で飲むのもGOOD♪

食べ過ぎ・飲み過ぎなどで、胃腸の調子がどうも悪い。。。

なんて時は、アカメガシワのお茶を飲むとスッキリするかもしれません。
少し苦味がありますが、味は緑茶に似ているので以外に美味しくお飲みいただけますよ(^^)

(了)

《肝からくる悩みに》アカメガシワも配合・肝酵素γ(ガンマ)

ドクダミの効果効能

多分誰しもが見たことがある『どくだみ』

健康茶の素材としても有名な『ドクダミ』。
恐らく、健康に興味が無い方でも、ご存知の方は多いと思います。


私の実家では、裏庭に生えていたドクダミを乾燥させ、お茶にして良く飲んでいました。


あの独特の香りを嗅ぐと、なんとなく懐かしい気持ちになります。

今回はそんな<ドクダミ>についてのお話です。



実はドクダミって医薬品

漢方薬では『十薬』と呼ばれるドクダミ。

古くは之布岐(シブキ)と呼ばれ、江戸時代中期頃から「毒を止める」から「どくだめ」、それが転じて「どくだみ」と呼ばれるようになったと伝えられる『ドクダミ』。


その名の通り、解毒やデトックスを目的に飲用されることが多く、漢方の世界では生薬名『十薬(ジュウヤク)』として、日本薬局方にも収録されています(第3類医薬品)。

『ドクダミには十種類の薬効があり、十種類の病気に効く』ことが、十薬という名の由来ですが、ドクダミには10どころか、300近い薬効があるとも言われています。

デトックスや便秘・美肌にはドクダミ!

ドラッグストアなどでもお茶として売られています。


『ドクダミは三毒を消す』とも言われ、持って生まれた毒(先天の毒)、病からくる毒(後天の毒)、食べ物の毒(食毒)、この3つの毒を消す力があるとも言われています。

ちなみに現在では科学的に下記のような薬理成分が確認されています。

《 デカノイルアセトアルデヒド 》
ドクダミ特有の臭気成分で、フィトンチッド(微生物の活動を抑制する作用をもつ、樹木などが発散する化学物質)抗菌・抗カビ作用があり、白癬菌やブドウ球菌も殺菌する作用があると言われています。

《 クエルシトリン 》
利尿作用や動脈硬化の予防作用

《 フラボノイド類 》
抗酸化作用や便秘の改善、血管の強化、老廃物の排泄促進などの効果が期待されているため、血管を丈夫にする効果や炎症を抑える効果が期待できます。

お届けしている<肝酵素γ>にはそんなドクダミも原料として含まれています。
特に便秘改善、デトックス、美肌を目指す方にはオススメの素材ですよ。

さらに、ドクダミに含まれる成分の中で、近年発見された『N-4-ハイドロキシスチリルベンザミド』という成分には、血小板凝集抑制作用があることがわかり、心臓病の予防や動脈硬化、脳卒中予防の効果にも期待が高まっているんです。


他にも血液循環、新陳代謝をよくすることから、美白効果、シミ予防などが注目され、化粧品にも使われているドクダミ。

ぜひ毎日の生活にも取り入れたい健康素材ですね。

(了)

《ドクダミエキスも配合》肝酵素γ(ガンマ)

桑の葉の効果効能

『桑』ってどんな植物?

 

「桑」は、クワ科桑属の総称で、昔から日本において大変馴染み深い植物です。

例えば桑は絹を取るための<かいこ>のエサになりますが、絹の生産は弥生時代にはすでに伝来していたといいます。

その頃から桑の木は各地で身近に植えられていて、特に養蚕が盛んな地域では一面が桑畑、という光景も珍しくありませんでした。

また、魔除けのために唱える『クワバラクワバラ』というおまじないも、桑の木に由来すると言われています。

 

現在は化学繊維の登場によって、あまり見かけなくなりましたが、戦前までは人々にとって非常に重要で身近な植物だったんです。

 

 

中国では漢方薬として珍重

今から約2,000年前、後漢時代の中国で書かれた薬草に関する書物『神農本草経』には、すでに漢方薬の一つとして桑の葉の記述があります。

 

同じ桑でも、干した時期と部位によって名前が異なるそうで、11月頃に葉を採取して天日干ししたものを桑葉(そうよう)、4~6月頃に若枝を刈り取って天日干しにしたものを桑枝(そうし)、同じく4~6月頃に果実を収穫して乾燥したものを桑椹(そうたい)と呼ぶそうです。

 

ちなみにクワの根皮は桑白皮(ソウハクヒ)という生薬で、利尿、血圧降下、血糖降下、解熱、鎮咳などの作用があり、五虎湯(ごことう)、清肺湯(せいはいとう)などの漢方方剤にも使用されます。

 

 

科学的に進む桑の葉の効果効能

そして、現在。

 

科学的な研究も進み、『桑の葉』には豊富な栄養と様々な効果効能が期待できる、ということが分かってきました。

 

桑の葉に含まれる成分

《ビタミン群》

ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、ナイアシン等

《ミネラル類》

亜鉛、鉄、マグネシウム、カルシウム、カリウム等

《その他》

水溶性・不溶性食物繊維、カロチン、ルチン等

 

桑の葉には上記のような成分が含まれています。

 

ちなみに他の野菜と比べて、含有量も非常に多く、例えばビタミンAはほうれん草の約10倍、鉄は小松菜の約15倍、食物繊維に至っては、ケールの約4倍で100g中約50gも含有されています。

 

桑の葉で期待される効果効能

  • 糖尿病の予防・改善
  • 食後の血糖値上昇の抑制効果
  • 高血圧の改善
  • 中性脂肪を下げる
  • LDLコレステロールを下げる
  • 腸内環境を整え、便秘を解消する
  • 肝臓や腎臓の機能を改善する

 

 

血糖値の上昇を抑制

最近何かと話題の『糖質』。

 

糖質(炭水化物や甘い物)を食べると、血糖値が急激に上昇します

糖質は本来、分解されてエネルギーとして使われますが、急に糖質がたくさん体内に入ると、エネルギーとして使い切れないため、中性脂肪に変換され体内に貯め込まれてしまう、これが太る原因となります。

 

太るだけでなく、血糖値の急激な上昇はカラダの様々な不調につながります。

 

そこで、<血糖値の上昇を抑える>食品や素材が注目されるようになりました。

 

桑の葉もその一つです。

 

桑の葉にはデオキシノジリマイシン(DNJ)』という成分が含まれていることが近年の研究で明らかになりました。

 

DNJはブドウ糖に似た構造の物質で、小腸で本来糖質を分解する酵素と結びつき、その働きを邪魔します。

つまり糖が分解・吸収されるのを抑える働きがあるんです。

 

 

桑の葉の副作用

桑の葉に関して、今の所副作用などは報告されていません。

ただし、糖尿病の治療・投薬を受けている方は注意が必要です。

治療の一環として、血糖値を下げるお薬を飲んでいた場合、桑の葉との相乗効果で血糖値が下がりすぎ、逆に低血糖状態になってしまう可能性があります。

もしそのような方がいらっしゃれば、十分ご注意ください。

昔から人々に親しまれてきた桑の葉。

生活習慣病やがん予防などにも研究は広がっているそうで、これからも色んな可能性に期待したい健康素材ですね!

 

(了)

 

《肝からくる悩みに》桑の葉も配合・肝酵素γ(ガンマ)

ヨモギの効果効能

 

ヨモギってどんな植物?

 

ヨモギの葉

 

よもぎ餅でよく知られているヨモギ。

キク科ヨモギ属の多年草で、漢字では『蓬』と書きます。

旬は春で、新芽や葉を茹でておひたしや天ぷらで食べることも出来る野草です。

 

皆さんも川べりに生えているヨモギを一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか?

昔よく父に川遊びに連れて行ってもらったのですが、その時教えてもらったのが<ヨモギの葉の曇り止め>。

絞ってほぐしたヨモギの葉とその汁で水中眼鏡を拭くと、水中メガネが曇りにくくなるんです。

そんな思い出もあってか、ヨモギの香りを嗅ぐと、なんだか懐かしい気持ちになります。

 

四方によく繁殖するので『四方草』、よく萌える草の色から『善萌草』など、その語源には諸説あります。

 

「ハーブの女王」と呼ばれるほど万能の効能で、東洋医学におけるヨモギの総合的評価も折り紙つき。

昔から民間療法に使われていて『病を艾(止)める』という意味から、生薬としては「艾葉(がいよう)」とも呼ばれています。

 

 

ヨモギの民間療法

 

日本ではお灸の<もぐさ>としてよく知られています。

 

またその昔、北海道に住んでいたアイヌの人々は、風邪の治療などにヨモギを使ったそうです。
ヨモギの茎葉を鍋で煎じ、立ち上った湯気の上に頭から着物をかぶって伏し、その湯気を受けて汗を出すという療法です。

韓国でも約600年前から同じような療法が<よもぎ蒸し>として親しまれています。

もともとは産後の肥立ちをよくする目的で行われていたそうなんですが、現在では女性特有の更年期障害や生理不順、美容など様々な効果が見込まれる美容・健康法として活用されています。

 

 

ヨモギの成分
煮出したヨモギ茶

 

食物繊維はホウレンソウの約10倍。

さらにビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、鉄、βカロテン、葉酸などビタミンやミネラルをバランスよく豊富に含んでいます。

クロロフィル(葉緑素)も豊富で、シオネール、コリン、カリオフィレンなど特有の成分も多く含んでいます。

 

ヨモギの効果効能
煮出したヨモギ茶

 

<万能の生薬>として昔から活用されてきたヨモギ。
見込まれる効果効能も実に多彩です。

《ガンの抑制》

ヨモギにたっぷり含まれるクロロフィルには、染色体異常を抑制する効果が期待できます。ガンは一種の染色体異常と考えられているので、転じて発がん抑制も期待できる、というわけです。

また、フラボノイドやカロテンなどにもがん抑制の研究報告があり、相乗的な効果が期待できます。

 

《造血や貧血予防・血流改善》

ヨモギに含まれる鉄分とクロロフィルは血液の素でもあります。
また、クロロフィルに含まれる有機ゲルマニウムは血流の改善に役立つとされています。

 

《整腸&便秘改善でデトックス》

ヨモギは整腸作用のある食物繊維がたっぷり含まれています。
さらに食物繊維の5,000分の1というクロロフィルが、小腸の繊毛にまで入り込み、溜まった毒素を排出してくれると言われています。

 

《美容やダイエットに》

ヨモギに含まれるベータカロチンは体内に入るとビタミンAに変換されます。

ビタミンAは皮膚や髪の毛、粘膜を健やかに保ち、視力の維持にも大きな力を発揮します。
また、上記のような整腸・デトックス効果もあるので、ダイエットを心がけている方にもおすすめです。

その他にも、、、

  • アレルギー改善
  • 冷え性やむくみの改善
  • 保湿効果
  • 高血圧・心臓病

などなど、見込まれる効果は多岐に渡ります。

美容・健康を考えると毎日でも摂りたいですね!
ヨモギ餅なら毎日食べられるかも。。。(笑)

そんなヨモギのエキスも配合している酵素ドリンク『肝酵素γ』
上記のようなお悩みを抱える方にも効果が期待できるかもしれませんね。

(了)

 

 

《肝からくる悩みに》ヨモギも配合・肝酵素γ(ガンマ)

ブルーベリー葉① ~宮崎大学と宮崎県が研究開発した素材~

今回は肝酵素γのメイン素材のひとつである「ブルーベリー葉」についてです。

ブルーベリーの「実」ではなくて「葉」?って思われた方も多いと思います。

実は、このブルーベリーの葉、果実の8倍ものポリフェノールを含有し、高い機能性を持っているのです。

この研究をしてきたのが、宮崎大学と宮崎県。

なんと、延べ600名もの研究員が携わり、今も研究が続けられている宮崎を挙げての一大素材なのです。

 

今から約15年前、風土病(ある地域に特異的に患者が多い病気)を地元の素材を食することで予防・改善できないかとのテーマで研究が始まりました。

そのテーマとなった風土病は2つ。

ひとつが、南九州地方の風土病「ATL(成人T細胞白血病)」というガン。

もうひとつが、宮崎県三股町の風土病「C型肝炎」とうウィルス性の肝臓病です。

これらに対して機能性を示す素材を発掘するため、宮崎県内のあらゆる素材を調査していきました。

その数なんと1,500サンプル以上!

ひたすら調べ続け、その中で非常に高い機能性を示したのが、ブルーベリーの果実ではなく、「葉」だったのです。

 

さらに研究は進みました。

ブルーベリー葉の中でも品種別にその機能性を調べていきました。

すると、一般的に生食用で知られている北部ハイブッシュ系や南部ハイブッシュ系を抑え、ある品種の機能性が非常に高いことがわかったのです。

それが「ラビットアイ」です。

これは通常ジャムなどの加工用で使われる品種です。

実は、これが功を奏しました。

ブルーベリーは元々原産が北米など寒い地域の作物なのですが、このラビットアイは宮崎のような温暖な気候での栽培が向いている品種だったのです。

ブルーベリー葉の中でも機能性が高いラビットアイ。

農業県である宮崎は、これをさらに品種改良していきました。

ラビットアイの中でも機能性が高いものを選抜し、それらをさらに掛け合わせていきました。

その数なんと330通り!

高機能・高収量・栽培適性の良い品種を求め研究を重ねていきました。

そして、35番目の掛け合わせがすべてを兼ね備えたものとなったのです。

これが世界で初めて開発された、葉専用のブルーベリー品種「くにさと35号」なのです。

こうして、世界初の特別品種が開発され、今も多くの機能性研究が進められています。

 

なお、現在ブルーベリーの「葉」の産地は、世界中で宮崎県のみです。

日本では他の地域でブルーベリー葉のお茶を販売しているものも見受けられますが、果実を生産している農家がその樹の葉を利用して加工しているのみです。

ブルーベリー葉の収穫が目的で栽培されているのは宮崎県のみなのです。

そのため、大変希少です。

栽培面積で考えると、日本の果実のそれは1,000ヘクタール(2009年)を超えていますが、宮崎県の葉のそれは5ヘクタールと、たったの0.5%程度です。

南国宮崎の日差しをいっぱい浴びることでたっぷりの機能性成分を蓄えた大変貴重なブルーベリー葉。

肝酵素γは、この貴重なブルーベリー葉をたっぷり使用した毎日の社長の健康を応援する特別な酵素ドリンクです。

ヒュウガトウキ① ~神の草と呼ばれた門外不出の秘草~

時代を遡ること約360年前。

日本では江戸時代、中国では明時代にあたるその頃、ある漢方医が中国広東州から日本の九州にやってきました。

その漢方医の名は「何欽吉(かきんきつ)」。

明で起こった戦乱を逃れ、命からがら海を渡って九州にやってきたのでした。

九州に降り立った何欽吉は、その地域の人たちに助けられ、漢方医として人々の病を治すことに全力を尽くしていました。

 

あるとき何欽吉は現在の宮崎県三股町にある山中に薬草の採取のため入っていました。

そのときです。

何欽吉は高麗人参に似た植物を見つけました。

その見た目から、何欽吉は漢方医としての勘で何か薬効があるに違いないと確信し持ち帰ることにしたのです。

当時、島津15代久直未亡人が病に苦しんでいました。

何欽吉は持ち帰った高麗人参に似たその植物を早速処方してみました。

するとなんということでしょう。

久直未亡人はみるみるうちに回復していったのです。

それ以来、その植物は「神の草」と呼ばれるようになり、旧薩摩藩によって門外不出の秘薬とされました。

何欽吉はこの働きが高く評価を受け、今でも彼のお墓が宮崎県都城市に残っており大切に保存されています。

 

そう、この高麗人参に似た植物こそ肝酵素γにも配合している「ヒュウガトウキ」なのです。

ヒュウガトウキは日本に山に自生する高麗人参に似ている植物ということから「日本山人参」とも呼ばれています。

その高い機能性は現代の研究により血圧や血糖、肝機能に対するものなど次々と解明されています。

なお、ヒュウガトウキの根は2004年にその機能性の高さから厚生労働省に医薬品に指定されました。

そのため、肝酵素γにはヒュウガトウキの地上部(葉・茎)が使用されています。

地上部に関しても高い栄養価が知られており、むしろ成分によっては根よりも豊富に含まれているとの報告もあります。

肝酵素γは、このヒュウガトウキの地上部を贅沢に配合し、島津の伝説のように毎日の健康づくりに欠かせない存在となってくれます。