肝臓がんとは

ガンの中でも恐ろしい『肝臓ガン』


日本人の死因第1位の『ガン』


日本人の2人に1人はガンに罹患し、3人に1人はガンで亡くなると言われています。


中でも<肝臓ガン>は生存率が低いことで知られています。

日本では年間約30,000人の方が肝臓ガンで亡くなっていて、男性では肺ガン、胃ガンに次いで、ガンによる死亡原因の第3位となっています。

【肝臓ガンの生存率】

<生存率が低い肝臓ガン>

ご存知の方も多いと思いますが、ガンは発見の段階ごとにステージ1~4までに分けられます。


最も早く発見できればステージ1、最も遅いものがステージ4です。

その全期間の平均を取った、50代男女の主要なガンの10年生存率は下記の通りです。

  • 肺ガン … 男性:38.9% / 女性:43.1%
  • 胃ガン … 男性:71.2% / 女性:68.9%
  • 大腸ガン … 男性:64.8% / 女性:73.2%
  • 肝臓ガン … 男性:16.2% / 女性:17.0%

多くのガンは再発もなく5年間生き延びればガンは治ったと考えていい、とも言われます。


ですが、肝臓ガンは5年を過ぎてからでも再発することが多く、それが生存率低下の大きな要因となっています。

例えば50代男性でステージ1の大腸ガンと肝臓ガンを比較すると、大腸ガンの場合、5年生存率が97.4%で、10年生存率が98.8%とほとんど変わらないのに、肝臓がんは5年後生存率が62.0%で、10年生存率が27.8%と極端に低くなってしまいます。

【肝臓ガンの原因】

<肝臓ガンの大きな原因の一つが肝炎ウィルス>

肝臓ガンは肝炎が持続すること(慢性肝炎・肝硬変)によって起こります。


日本の場合、肝炎の原因はそのほとんどがウィルス性(C型肝炎・B型肝炎)によるもので、アルコールの過剰摂取など、肝臓への過度の負担が直接の原因になることは少ないようです。


とはいえ、肝炎ウィルスに感染している人が飲酒をすると、発ガン率が高くなるため注意が必要です。


また、最近では糖尿病やメタボリックシンドロームに伴う肝臓ガンも増加しているようです。

【肝臓ガンの早期発見】

<異常感じにくい肝臓は早期発見が困難。。。>


わたしたち人間のカラダは、どこかに異常が出ると痛みを感じたり、かゆみを感じたりと何かしらの反応があります。


それは臓器も一緒で、例えば気管の調子が悪いとせきが出たり、ストレスがかかると胃が痛くなったり、お腹が痛くなったり。


ですが、肝臓は非常に我慢強い臓器で、少々負担がかかっても自覚症状を感じることがありません。


そのため、異常が起こっても気付きにくく、気付いた時にはすでに病状が進行していることも多々あります。


これが、肝臓が『沈黙の臓器』と呼ばれる所以です。


ですから、自覚症状を感じる前に、定期的な検診を受けることが重要になります。

【肝臓ガンを予防するには?】


肝臓ガンを予防するには下記の4点が重要です。

(1) C型・B型肝炎ウィルスの検査を受ける

<まずは検査を!>

肝臓ガンの原因の約8割は肝炎ウィルスによるものです。


ですが、日本にはそうした肝炎ウィルスに感染していながら、自分では知らない、もしくは治療を受けていない人が150~200万人もいると言われています。


まずは検診でウィルス感染の有無を調べることが重要になります。
特に40代から増え始め、60代からは急増するので、該当する方は肝炎ウィルスの検査受診をおすすめします。

(2)飲酒はほどほどに

<もう一軒、はグッと我慢?>

2012年に『世界がん研究基金(WCRF)』が発表した報告書によると、アルコールの摂取量が10g増えるごとに、肝臓ガンに罹るリスクが4%ずつ上昇するとのこと。


アルコール10g=度数5%のビールで250ml程度です。


また、WCRFは肝臓ガンのリスクを抑えるために、1日のアルコール摂取量30g以下を推奨しています。
つまりビールで言うと750mlです。缶ビール2本程度ってところです。


お酒好きの人には少し物足りないかもしれませんが、いつもの晩酌では上記の量を目安にした方が良さそうですね。

(3)コーヒーを飲む

<コーヒー好きの人には朗報♪>

近年の調査で、ほとんどコーヒーを飲まない人の肝臓ガン発生率を1とした場合、毎日1~2杯飲む人は0.52、毎日5杯以上飲む人は0.24と、コーヒーを飲むことが肝臓ガンの罹患率低下に繋がることが分かってきました。


これは、国立がん研究センターの研究チームが、日本人約10万人を対象に20年にわたって調査した結果ですので、かなり信憑性が高いと言えます。


詳しい仕組みは不明ですが、コーヒーに含まれるクロロゲン酸などのポリフェノールが影響しているのではないかと言われています。

(4)野菜や青魚を食べる

<やっぱり緑黄色野菜!>

男女約2万人を対象に、12年間の追跡調査を行った結果、野菜の摂取量が多い人は野菜の摂取量が少ない人に比べて、平均で約40%肝臓ガンのリスクが少なかったそうです。


中でもカロテノイド(αカロテン・βカロテン)を含む野菜にその傾向が顕著に表れていました。


一般的に緑黄色野菜にはカロテノイドが豊富に含まれていますので、人参やカボチャ、ホウレンソウやモロヘイヤなどの積極的に摂るといいかもしれません。


また、青魚に含まれるDHAなどの不飽和脂肪酸は肝臓ガンのリスクを低下させると言われていますので、こちらも積極的に摂取したい食材です。

再発率が非常に高くやっかいな肝臓ガン。


まずは検診で発ガンの可能性を知り、進行する前に予防に努めることを心がけたいですね。

(了)

《肝からくる悩みに》宮崎県産の薬草だけで作った酵素ドリンク・肝酵素γ(ガンマ)


熊本γ会を開催しました!

10月17日、熊本市内にあるコワーキングスペース『未来会議室様』において、8府県目となる熊本γ(ガンマ)会を開催いたしました。

当日は、<シェアハウスひだまり>を管理されている工藤様にご協力いただき、9名の熊本の経営者の方にお集まりいただきました。

業種も本当に様々で、IT関係の方や、デザイナー、歯科衛生士や薬剤師の方など、いつものことですが業種が固まることってないんですよね。

通常は肝酵素γの乾杯からスタートなのですが、待ちきれずビールやハイボールで乾杯してゆる~くスタート(笑)

その後、肝酵素γのご紹介を代表廣澤から行わせていただき、『ガンマ~』の掛け声とともにみんなで乾杯。

料理もピザなどのイタリアンのケータリングをご手配いただき、約2時間の懇親会を行いました。


宮崎県産のブルーベリー葉と釜炒り茶葉を使ったSUNAO製薬の新商品・無添加青汁<shutto>の焼酎割り、名付けて『宮崎割り』も、大変飲みやすいとご好評いただきました♪

料理は盛りだくさんで、参加者だけでは食べきれない量。。。(^_^;)
未来会議室のアルバイトの大学生にもお裾分けしたり、色んな方にご参加(?)いただきました。

2次会はお洒落なカラオケ付きのバーへ。
弊社野崎の関ジャニ∞『ズッコケ男道』を皮切りに、懐メロメドレーに突入。


参加者の方とご縁があり、熊本の人気居酒屋『とりボンバー』の社長様も飛び入りで参加されて、大いに盛り上がりました♪

そして3次会。
幹事をしてくださった工藤様と3人でスナックへ。


代表の廣澤はお酒が回ってしまったようで、瞑想状態に。。。(笑)


お話の中で工藤様から、熊本地震の時にどのような生活をされていたか生々しいお話を聞かせていただき、本当に被災地の方のご苦労を感じました。


未だに2万5000人の方々が避難生活を余儀なくされているとのことで、一日も早い復興を願うばかりです。

そしてシメはラーメン『よしとも』へ。


スペアリブでダシを取ったスープはあっさりし過ぎず、コッテリし過ぎない程よい濃さ。
旨味をしっかり効いていて、スープも全部飲み干してしまいました。

そんな感じで、夜中の2時過ぎまで熊本の夜を満喫させていただきました。

痛飲した、と言ってもいいほど飲み明かしたのですが、翌朝は廣澤も野崎もきっかり7時に目が覚めたとのこと。


飲んだ翌日もスッキリ目覚める、これも肝酵素γの特筆すべきパワー♪
午前中には二人とも宮崎の事務所に到着し、ガンマって、もとい頑張って仕事に励んでいました(笑)

今回お世話になりました工藤様はじめお集まりいただいた経営者の皆様、熊本γ会の会場をご提供いただいた未来会議室様、本当にありがとうございました!

(了)

《肝からくる悩みに》オリゴ糖で作った甘くない酵素・肝酵素γ(ガンマ)

砂糖とオリゴ糖

一説によると、麻薬よりも依存性が高いと言われる『砂糖』。

近年の研究によって、依存症になる可能性についての医学的根拠も得られていて、砂糖はヘロインやモルヒネと同じような仕組みで依存症になってしまうんだとか。

今回はその砂糖の危険性について少し調べてみました。

そもそも砂糖ってどんなもの?


砂糖は主にサトウキビやビート(大根)から作られます。

サトウキビやビートには糖以外にも様々なミネラル・ビタミンな含まれていますが、砂糖を精製する際、それらは『不純物』とみなされ根こそぎ除去されていきます。

精製を重ね、原料の甘味成分である<ショ糖(スクロース)>が限りなく100%に近くなったものがいわゆる砂糖です。

そのショ糖はブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)が結合して出来ています。

ブドウ糖(グルコース)とは?

血液中に存在する単糖類の代表格で、生命活動には欠かせないエネルギー源です。


ブドウ糖は体内でも作られますが、主な供給源は食事です。


ブドウ糖はパンやお米など、いわゆる炭水化物を分解することで得ることが出来ます。


腸から消化吸収され、肝臓を通じて血液に乗って全身に送られるのですが、余分に摂取してしまったブドウ糖は脂肪として体内に蓄えられます。

  《ブドウ糖が不足するとどうなる?》


ブドウ糖は一般的な生活を送っていれば不足することはまずありませんが、極端なダイエットや糖質制限、または飢え等でブドウ糖が不足すると、体に様々な不調をきたします。


例えば『脳』。


脳は体重のたった2%程度の重さですが、全エネルギーの約18%を消費すると言われています。


このエネルギーとなるのがブドウ糖です。


ブドウ糖不足=『低血糖』になると、異常な空腹感を感じたり、気力がわかない、倦怠感、眠気、思考能力や集中力の低下、情緒不安定など様々な弊害が生じ、完全にエネルギーの供給が途切れてしまうと、3分程度で神経細胞が完全に死んでしまうそうです。


ちなみに、食事でブドウ糖を補わなくても、人間には予備のエネルギーが肝臓に蓄えられています。
しかし、このエネルギーも18時間ほどで無くなってしまうそうです。
ということで、絶食など過度なダイエットをお考えの方はお気をつけください。

ただ、人類は長い歴史の中で常に『飢餓』と戦ってきました。

そのため、エネルギー不足(低血糖)の状態でも、血糖値を上げる仕組みが体内に何重にも備わっているとのこと。
普段の生活においてはそれほど心配することはなさそうです。

果糖(フルクトース)とは?


果糖は単糖類の中で一番甘みが強い糖です。


水にも一番溶けやすく、自然界にも広く存在しています。(ハチミツ・メープルシロップ・フルーツ・一部の野菜など)。


安価で甘みが大変強いため、食品業界では甘味料としてよく使用されています。


ブドウ糖が体全体のエネルギーとして使われるのに対して、果糖は主に肝臓や筋肉で使用されるという特徴があります。
そのため肉体的に疲れているときや、スポーツ前に適量を摂取すると疲労回復に効果的です。

  《果糖が不足するとどうなる?》


果糖は果物や野菜、砂糖、ハチミツなど様々な食品に含まれているため、普段の生活で不足することはまずないようです。

ブドウ糖と果糖の違い

ブドウ糖は吸収が早いため、すぐにエネルギーとして利用することができる半面、血糖値が上がりやすいというデメリットがあります。


また、甘味度は果糖より弱いため、甘みを感じるためにはよりたくさん摂取しなくてはなりません。


果糖はエネルギーとしての即効性はありませんが、穏やかに吸収されるため血糖値が上がりにくいというメリットがあります。


甘味度も強いので、少量の使用で甘みをしっかりと感じることも出来ます。
ですが、ブドウ糖に比べて非常に毒性が強いということも近年分かってきました。


血液中の糖は、エネルギーとして使用される一方で、体内のタンパク質と結びついて『糖化物質(老化や病気の元となる毒性のある物質)』を作り出します。
この結びつく力が、果糖はブドウ糖の100倍強いとも言われています。

怖いのは不足よりも過剰摂取!


普通の生活を送っていれば、ブドウ糖も果糖も、健康を害するほど不足することはまずありません。


逆に心配なのは『過剰摂取』です。

砂糖は酸性の食品です。

人間のカラダは基本的に弱アルカリ性に保たれていますが、酸性食品である砂糖が体内に入ると、それを中和するために体内のミネラルが消費されます。


そこで最も多く消費されるのが『カルシウム』です。

カルシウムは体内の骨や歯を溶かして供給されるため、砂糖の摂り過ぎは骨粗鬆症や虫歯の原因にもなるんです。

さらに、砂糖の過剰摂取は下記のような病気の原因にも繋がります。

(1)糖尿病


日本ではこの40年間で糖尿病患者の数が50倍に増加したと言われています。
糖尿病は『サイレントキラー』と呼ばれるように、知らず知らずの間にカラダを蝕んでいきます。


しかも一度罹ってしまうと完治することは難しく、脳卒中、心筋梗塞、神経障害や視覚障害など様々な合併症を引き起こす可能性がある、非常に恐ろしい病気です。

(2)メタボや脂肪肝


過剰に摂取された糖質は、中性脂肪に変換されて体内に蓄えられますが、これが行き過ぎるとメタボ(肥満)や脂肪肝に繋がる危険性があります。


さらにそのまま放置すると肝硬変・肝ガンへと進行するリスクもあります。

(3)心臓病や血管病


過剰な糖質で発生した中性脂肪や、糖化によって生まれる毒性物質は血液によって全身をめぐります。


それらは血液をドロドロにし、血管を傷つけたり詰まらせたり…
やがては心筋梗塞や狭心症、大動脈瘤など命に関わる病気へと繋がっていくのです。

(4)依存症やうつ病


砂糖は麻薬によく似ていて、『オピオイド』や『ドーパミン』といった脳の快楽中枢を刺激する化学物質を放出させます。


徐々に耐性がついてくるのも同じで、同じ甘さでは満足できないようになり、より甘いものを求めるようになるのです。


また、血糖値が安定していると精神状態も安定しますが、血糖値が不安定だといらいらや不安を感じたり、急に倦怠感が襲ってきたりと精神状態も不安定になりがちです。
それらの症状が悪化すると『うつ病』など深刻な精神疾患に繋がる恐れもあるのです。

(5)老化


糖を過剰に摂取するとカラダの『糖化』が進みます。


<カラダのコゲ>とも言われる糖化は、余分な糖質と体内のタンパク質が結びついて細胞を劣化させたり、毒性のある物質を発生させる現象で、老化を促進する要因として注目を集めています。


例えば肌のシワやくすみ、シミなどは糖化の症状のわかりやすい症状の一つです。

このように、摂り過ぎると大変恐ろしい病気につながる砂糖ですが、その砂糖の代わりに使えて、しかも逆に健康にも良いという糖類があります。


それが『オリゴ糖』です。

オリゴ糖とは?


オリゴ糖の名前はギリシャ語の『オリゴス(少ない)』が語源になっています。


単糖が数個(少ない数)で出来ている少糖類の事で、膨大な種類があり性質も様々です。


一般的に砂糖よりも低カロリーで、血糖値も上がりにくく、種類によっては腸内環境を整えたり、コレステロールを下げたりすることから、現在では<健康素材>として認知されるようになりました。

現在知られているオリゴ糖には下記のような種類があります。

【フラクトオリゴ糖/難消化性】

大腸内の善玉菌の増殖をサポートし、便秘解消や血糖値の抑制などにいいとされています。
アスパラガス、玉ねぎ、ゴボウ、にんにくなどの野菜やハチミツに含まれていて、カロリーは砂糖の約半分ほどです。

【乳果オリゴ糖/難消化性】


ラクトスクロースとも呼ばれ、サトウキビに含まれるショ糖と牛乳に含まれる乳糖を原料にして作られるオリゴ糖です。
善玉菌の増殖機能が高く、低カロリーなのに甘味度が高い(オリゴ糖の中では一番)という特徴があります。
天然の乳果オリゴ糖は、発酵ヨーグルトに少しだけ含まれているだけなので、普段の食生活で摂取するのはなかなか難しい素材です。

【キシロオリゴ糖/難消化性】


タケノコやトウモロコシに含まれる食物繊維から出来るオリゴ糖で、善玉菌の育成を促進します。
ただ、食材の中に含まれる割合はごくわずかで、普段の生活では摂取が難しいオリゴ糖とも言えます。

【イソマルトオリゴ糖/消化性】


味噌・醤油・清酒・ハチミツなどコクのある甘みを持つ食材に含まれています。


消化性、つまり胃で消化されてしまうので、腸までは完全に届かず、善玉菌のエサとしては十分な効果は期待できないとされています。

【大豆オリゴ糖/消化性】


大豆たんぱく質を利用した後の残りかすから分離・生成して作られるオリゴ糖の総称です。


オリゴ糖の中では非常に甘味度が高いのですが、カロリーも若干高めです。
また、消化性で腸までは届かないので、腸活向きの素材ではないかもしれません。

【ラフィノース/難消化性】


ビート(甜菜/砂糖大根)から分離・精製して作られる天然のオリゴ糖です。


整腸作用・免疫力アップ・アレルギー症状の緩和などに効果があると言われ、特定保健用食品としても認められています。

【ガラクトオリゴ糖/難消化性】


乳児の腸内は99%がビフィズス菌などの善玉菌と言われていますが、これを支えているのがガラクトオリゴ糖です。


母乳に多く含まれる動物性のオリゴ糖で、善玉菌の増殖以外にも、タンパク質の消化吸収や脂質代謝・ミネラルの吸収を促進するなどの働きがあります。

このように、ほとんどのオリゴ糖に腸内環境を改善する効果が期待できます。
腸内環境が改善されると、下記のような嬉しい健康効果にも繋がります。

  1. 便秘解消
  2. 免疫力アップ
  3. 肌荒れ改善
  4. アレルギーの改善
  5. 悪玉コレステロールを減少させる

ただし、オリゴ糖は摂り過ぎるとお腹がゆるくなる場合がありますのでご注意ください。

様々な健康効果が期待できるオリゴ糖。

砂糖よりもお値段は高いですが、健康は何ものにも代えがたい財産です。
普段遣いの砂糖をオリゴ糖に変えるだけ。


是非毎日の生活に取り入れたい手軽な健康習慣ですね。

(了)

《肝からくる悩みに》オリゴ糖で作った甘くない酵素・肝酵素γ(ガンマ)