尿路結石とウラジロガシ

流石にこんな大きい結石はないと思いますが。。。

尿路結石ってどんな病気?

『結石』。

皆さんも一度はお聞きしたことがあると思います。

その名の通り尿の通り道に石が出来てしまう病気です。


結石のある場所によって、腎結石・尿管結石・膀胱結石・尿道結石などと呼び方が違ってきますが、その殆どは腎臓で作られます。


症状は結石の場所やその大きさによって変わります。

激痛を伴うことも。。。


全く症状が出ないこともありますが、尿管結石では『疝痛発作』といって、激痛を伴うことがあります。
その痛みはのたうち回るほどだそうで、経験談を聞くとホントに恐ろしくなります。。。

その他、血尿が出たり、ひどい時は腎臓が腫れて高熱が出たりすることもあり、さらには腎盂炎や腎不全など重大な疾患に繋がる場合もあります。

罹患率は男性で約15%、女性で約7%と、珍しい病気ではなく、特に男性の罹患率が多くなっています。

ちなみにエジプトのミイラの膀胱からも結石が見つかっているそうで、ずいぶん昔から人類はこの結石に苦しめられてきてるんですね。

尿路結石の原因

尿に含まれるカルシウム、シュウ酸、尿酸、リン酸などは、尿の濃度が高くなると結晶になりやすく、その結晶が固まって大きくなったものが結石です。

中でもカルシウム・シュウ酸が固まってできる『シュウ酸カルシウム結石』が症状の7~8割を占めると言われています。

特に下記のような方は注意が必要です。

  • 普段水分をあまり摂らない方(尿が濃い)
  • 偏食気味・外食が多い方
  • 動物性脂肪や動物性タンパク、糖質を多く摂る方
  • 汗をたくさんかくようなお仕事をしている方
  • 精神的なストレスを抱えやすい方

また、尿酸値が高い方は尿酸が固まってできる『尿酸結石』が出来やすいので、思い当たる方はお気をつけください。

尿路結石は50%の確率で再発する?

再発率が高いのも特徴

尿路結石は再発率が高く、半数の方が5年以内に再発するとも言われています。


男性は働き盛りの30~50代、女性は閉経後の50~70代の発症率が高く、時期的には汗をたくさんかく(尿が濃くなる)夏に発症しやすいと言われています。

以前は『尿路結石はビールを飲むと良い』という話もありました。


ビールを飲むと水分補給&利尿作用で結石ができにくくなる、という考えですが、残念ながらこれは間違いです。
ビールにはかなりの量のシュウ酸が含まれている上に尿酸値も高くなるため、現在では逆に結石が発生する危険性が増すとも言われているんです。

尿管結石の予防法

尿管結石は食生活と密接な関係があります。
そのため、まずは下記の4つの点に気を付けることが重要です。

(1)水をたくさん飲む

1日2リットル以上が理想!

お茶やコーヒーにもシュウ酸が含まれるため、出来るだけ『水』で水分補給をすることが重要です。(麦茶やほうじ茶でもOK)


1日尿量が2L以上で結石の形成頻度が低下すると言われていますので、食事以外で水を2L以上摂取するのがベストです。(結構多いですが。。。)

(2)シュウ酸を含む食品に気をつける

アクが多い食品には注意!

シュウ酸はいわゆる「アク」の成分で、ほうれん草などの葉物野菜、タケノコ、紅茶、チョコレート、ナッツ類等に多く含まれていますので、こうした食品のとり過ぎには注意が必要です。


ただ、シュウ酸はカルシウムと結合すると排出されやすくなる、という特性もあります。


ですから、チョコレートやナッツを食べる時はミルクと一緒に、ほうれん草はちりめんをかけて食べるなど、カルシウムを同時に摂取するよう食べ方を工夫してみるのも効果的です。

(3)動物性タンパク質・動物性脂肪の摂り過ぎに気をつける

動物性タンパクや脂肪の摂りすぎに注意!

動物性蛋白質や動物性脂肪を多く摂ると尿酸値が高くなり、結石ができやすくなります。


例えば肉の脂身、皮肉、魚、卵、乳製品などはタンパク質や脂質が多いので注意が必要です。

(4)夕食から就寝までの時間を空ける

食べてすぐ寝ると牛に、ではなく尿管結石になりますよ!

食事をしてからシュウ酸が腎臓に運ばれるまでに約1時間ほどかかります。


その後、腎臓内のシュウ酸の量はどんどん増えていき、2~4時間ほどで最大になります。


ですから夕食後4時間程度時間を空け、就寝前に排尿してから床につく、というのが理想です。

すべて実践するのはなかなか難しいと思いますが、出来るところから始めて、予防に努めたいところですね。

結石を溶かすウラジロガシ

ウラジロガシの木

それでも尿管結石になってしまったら。。。


その時は『ウラジロガシ』の出番です。

ウラジロガシはブナ科コナラ属の応力広葉樹で、葉の裏が白いことからこの名が付きました。
日本では宮城県・新潟県以南に分布しています。

葉を乾燥させ、お茶にして飲むと胆石や尿管結石を溶かす、と言われていて、実際にウラジロガシのエキスを主成分とする医薬品(腎・尿管結石排出促進剤ウロカルン)も販売されています。

現在ではお茶も商品化され、一般に販売されているので、結石の予防や再発防止に取り入れると良いかもしれませんね。

(了)

《肝からくる悩みに》ウラジロガシも配合・肝酵素γ(ガンマ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です