お酒の種類

ビール、焼酎、ウィスキー、ワイン、、、

お酒にはいろんな種類がありますが、製造方法によって大きく3つに分けることができます。

(1)醸造酒

  • ビール
  • ワイン
  • ビール
  • シードル(リンゴ酒)
  • 日本酒

果実や穀物(大麦・お米等)を原料に、酵母の発酵作用(アルコール発酵)で製造したものです。
糖を多く含む原料の場合、酵母さえあればそのままアルコール発酵させることができます。
例えばワインやシードルなどがそうです。これを『単発酵酒』と言います。

これに対して、糖度が低い穀物で発酵させる場合は、デンプンを糖化させる作業と発酵をさせる作業の2つの工程が必要になります。ビールや日本酒などがそうで、これを『複発酵酒』と言います。

いずれも度数は20度以下とあまり高くはありません。

(2)蒸留酒

  • ウィスキー
  • ブランデー
  • 焼酎
  • 泡盛
  • ジン
  • ウォッカ
  • ラム

醸造したものを加熱し、さらに蒸留したもので、別名を「スピリッツ」と言いいます。


なぜスピリッツと呼ばれるかには諸説あります。


一説によると、高温で熱して作られる『火の酒:蒸溜酒』は、人間の魂に働きかけ、肉体を目覚めさせ、活力を与える。
そのためスピリッツと呼ばれるようになった、とも言われています。


アルコール度数は総じて高く、カクテルのベースになったりもします。

(3)混成酒

  • リキュール
  • ベルモット
  • 梅酒
  • みりん
  • シェリー酒

醸造酒や醸造酒にハーブなどの香料や果実、糖類を加えたもので、アルコール度数は元となるお酒の種類によって異なります。


度数が高くても、比較的飲みやすいものが多いので、飲み過ぎには気をつけましょう(笑)

色んな種類がありますが、皆さんはどれが好みでしょうか?

それぞれの種類によって合う・合わないもあるそうです。
それも次回以降、機会を設けてご紹介したいと思います。

自分に合ったお酒や飲み方を見つけて、健全なアルコールライフを愉しみたいものですね。

(了)

《肝からくる悩みに》肝酵素γ(ガンマ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です