パスタは食べても太らない?

 

『パスタを食べても太らない』

カナダの研究チームがそんな研究結果を発表しました。

 

パスタ好きの私にとっては嬉しい報告です(笑)

 

研究チームは、延べ2,500名近い被験者を対象に
32回に渡る比較試験を行なったとのこと。

ある程度確証を持って言える結果なのではないでしょうか。

 

 

キーワードは『GI値』
GI値が高い食パンやフランスパン

皆さんはGI値ってご存知ですか?

グリセミック指数の略で、ざっくり言うと
血糖値が上がるスピードを示す値です。

砂糖(ショ糖)の値を100として、
食品ごとに値が決まります。

高いほど血糖値は急激に上がるため、
低いほうが健康的な食品 = 低GI食品というわけです。

ちなみに、フランスパンや食パンは95。
白米は88、うどんは85、このあたりは
かなりGI値が高い食品と言えます。

一方のパスタは65。

炭水化物の中ではかなり低い方と言えます。

 

適量をしっかり噛んで食べれば
さらに糖の吸収は穏やかになるため、
食べても太らないんだそうです。

 

同じ小麦粉なのになぜGI値が低い?
同じ小麦粉なのになぜ?

ご存知のようにパスタの原料は小麦粉です。

フランスパンや食パン、うどんにも小麦粉が使われているのに、
なぜパスタはGI値が低いのでしょうか?

 

それはパスタの原料に使われるのが『デュラム小麦』という
小麦だからなんです。

よくパスタのパッケージに『デュラムセモリナ100%』
と書いてますが、デュラム小麦を粗挽きにしたものが
『デュラムセモリナ』なんです。

 

デュラム小麦はとても硬く、粉にしても粒子が粗いので、
一般的な小麦と比較するとゆっくりと消化吸収されます。

そのためパスタのGI値は低めなんですね。

 

よりGI値を低く抑えるにはトマトソースのパスタがオススメです。
(※ケチャップはNGです)

トマトソースのGI値は驚きの9!
とっても低GIなんです。

さらに、芯を残して茹でるアルデンテならもっとGI値を下げることができるそうです。

アルデンテのトマトソースパスタに赤ワイン。

あ~パスタが食べたくなってきました(笑)

血糖値が気になる方も一度試してみてはいかがでしょうか?

(了)

 

 

《肝からくる悩みに》肝酵素γ(ガンマ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です