肝酵素γの八社参り その6【鵜戸神宮】

肝酵素γの八社参り。
六社目は宮崎屈指の観光名所『鵜戸神宮』です。

 

肝酵素γの八社参り その6【鵜戸神宮】

宮崎市街地から日南海岸を南下すること約60分。

眼の前は大海原という岸壁に鎮座するのが、今回ご紹介する鵜戸神宮です。

 

 

主祭神は<山幸彦>として知られている『彦火火出見命(ヒコホホデミノミコト)』の息子である『日子波限建鵜草葺不合命(ヒコナギサタケウガヤフキアエズノミコト)』

 

読み方難しすぎますね。。。(汗)

 

鵜戸神宮の本殿は、岸壁にポッカリと空いた洞窟の中にあり、この洞窟で山幸彦と結ばれた豊玉姫命(トヨタマヒメノミコト)が出産されたと伝えられています。

洞窟に鎮座する鵜戸神宮の本殿

その奥には豊玉姫命が息子のために残していったとされる<お乳岩>があります。

 

そうした言い伝えから、鵜戸神宮は縁結びや子授け、安産などにご利益があるとして人々の信仰を集めてきました。

 

ちなみに、宮崎市から鵜戸神宮まではドライブの定番コースで、晴れていればこんな景色が堪能できます。

晴れた日の日南海岸

私も県外からの知人を案内する時は、
必ずこのドライブコースを予定に入れます。

最近では、スバル・レヴォーグのCMのロケ地にも使われていましたね♪

ですが、この日は生憎の天気。

荒れ模様の鵜戸神宮

雨が降りしきり、海は大荒れ…。
う~ん、ちょっと残念。

 

地元では『鵜戸さん』と呼ばれ親しまれている鵜戸神宮。
ほとんどの神社は階段を登りますが、鵜戸神宮は階段を降りて参拝する神社としては珍しい<下り宮>。

 

そして、鵜戸神宮と言えば『運玉投げ』。

霊石『亀石』

地元の小学生たちが粘土を素焼きして作った、小さな『運玉』と呼ばれる玉を、崖下の岩礁にある<亀石>と呼ばれる霊石のくぼみに投げ入れて、入ったら願いが叶うというもの。

 

もともとは硬貨を投げ入れていたそうなんですが、1954年に運玉が考案され、以来この『運玉投げ』が定着したそうです。

 

ちなみに、私も挑戦してみましたが。。。

運玉投げに挑戦!

 

5回ともあえなくハズレ(^_^;)

またまた残念。。。

 

ですが嬉しい出来事も♪

私が大ファンの広島カープは、例年鵜戸神宮に参拝するそうで、その必勝祈願の絵馬を拝むことが出来ました(*^^*)

 

広島カープの絵馬とパチリ♪

 

私は外してしまった運玉投げですが、広島の緒方監督は今年成功したとのこと。今シーズンも楽しみです♪

(他球団ファンの方、スミマセン!)

 

ということで、肝酵素γについてもしっかりと皆さまの健康にお役立て頂けるよう、祈願して参りました☆

 

南国情緒あふれる海岸線で、太平洋を一望しながらの参拝。宮崎にお越しの際は是非一度体験してみてください!

 

(了)

 

《肝からくる悩みに》肝酵素γ(ガンマ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です