お昼ご飯を食べると必ず睡魔に襲われる!そんな方が結構いらっしゃるのではないでしょうか?

炭水化物の食べ過ぎ』がもしかしたらその原因かもしれません。

腹一杯で、ポカポカ陽気のお昼なら眠くなるのも当然!生理現象だからしょうがないでしょ。と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、確かに眠くなるは生理現象の一つでもあります。

炭水化物の取り過ぎで低血糖に

炭水化物を含む食物

食後は食べものを消化するため、血液が消化器官に集中してしまい、脳への血液循環が減少し結果的に脳が働かなくなる、というのがその仕組みです。

ですが、異常な眠気が続くようなら、それは炭水化物の摂り過ぎが引き起こす『低血糖症』かもしれません。

ランチのメニュー、こんな事はありませんか?

  • パスタだけ
  • パンと野菜ジュース
  • ラーメンとチャーハン
  • 麺とおにぎり

正直、、、 炭水化物(糖質)の摂り過ぎです。

炭水化物を摂りすぎると、血糖値が急激に上昇するためそれを抑えようとインスリンという物質が大量に分泌されます。

すると今度はその過剰なインスリンの分泌により血糖値が急激に下がってしまいます。まさに血糖値のジェットコースター状態。

  1. 急激な血糖低下
  2. 脳にも糖が急激に供給されなくなる
  3. 急激に眠くなる。

さらに、過剰に摂取した糖質がどうなるかというと。。。

  1. 肝臓でグリコーゲンに変換
  2. 許容量をオーバーすると中性脂肪に変換
  3. 血液中に流れるor肝臓に蓄えられる
  4. 肝脂肪の原因に・・・!

正直、いいことなしです。

  • 麺類大好き!
  • 白いご飯もパンも大好き!
  • スイーツも大好き!

そんな方は特にお気をつけください。

低血糖になりにくい炭水化物の摂り方

低糖質な食事方法

そんな炭水化物ですが、眠くなるかどうかは摂り方次第です。

以下の3点に気をつければ、日中の眠気もずいぶん改善するかもしれません。

(1)炭水化物・糖質を控える

やっぱり摂り過ぎは禁物

炭水化物だけはNGです。

麺類も食べるならサイドメニューやトッピングで野菜を一品チョイスしましょう。

出来れば葉物野菜やきのこ類などしっかり食物繊維が取れるものがベストです。

イモ類、人参、トウモロコシなどは意外に糖質が多いので避けたほうがいいかもしれません。

お弁当や定食なども、ご飯を少し減らすだけでずいぶん違うかもしれません。あと、食後の缶コーヒー・ジュースなども甘いものは控えましょう。

(2)よく噛んで腹八分を心がける。

脳が満腹感を得るには、食事を始めてから15分ほどかかると言われています。

ゆっくりよく噛んで食べることで、少量で満腹感を得ることが出来、結果的に血糖値も上がりにくくなります。

さらに、腹八分。

これがなかなか難しいと思うのですが、実践することで健康長寿にも繋がる可能性があります。

1990年に東海大学医学部が行なった研究では、食事を食べ放題にしたマウスと80%に抑えたマウスを比較したところ、後者のほうが1.6倍長生きしたという結果も出ています。

健康長寿のためにも、食べ過ぎには十分注意しましょう。

(3)食べる順番を意識する

まずはホカホカのご飯を最初に食てはいけません。

一番血糖値を上げにくいのは

  1. 野菜
  2. 炭水化物

の順番です。

いわゆる『ベジファースト』という食べ方ですが、最近では肉を最初に食べた方がいいのでは、という『ミートファースト』という食べ方も注目され始めています。

とにかく炭水化物を最初に食べない、これが基本です。

3つの中では一番実践しやすいと方法です。

ゆる~く糖質制限してみませんか?

目玉焼きとサラダ

どんな糖質制限かといいますと、シンプルで、朝晩二食はご飯・パンを食べない(食べても最後に少量)と言うものです。

朝の定番メニューはこんな感です。

千切りサラダに目玉焼きを乗せて、マヨネーズ&ケチャップ。
たまにナッツをトッピングしますがメチャ美味しいですよ♪

あとは牛乳にプロテイン(九州アミノシェイク)を混ぜて飲みます。

この食事に切り替えてから午前中眠くなったことはほとんどありません(飲みすぎた翌日以外w)。

さらにお昼、お弁当を持っていくときはお米をいつもの半分の量に。

そして夜はおかずのみ。ワインや焼酎(たまにビールは飲みますが)と一緒にいただきます。

お米は食べないか、食べても納豆ご飯などにして『シメ』に食べます。

この食事に切り替えてから、カラダのパフォーマンスはかなり上がったと思いますし、確実に疲れにくくなっている気がします。

好きな食べものは?と聞かれたら『ラーメンとパスタ!』と迷わず応えるほど麺類が好きだったんですが、今ではそれほど麺類に対する執着もなくなりました。

逆に食べ過ぎると『ウッ!』って気持ち悪くなるくらいです。

『眠くなりたくないなら炭水化物を摂るな!』

とは言いませんが、眠くならないようにするには炭水化物との付き合い方をしっかり考えたほうが得策ですね。

  1. 炭水化物・糖質を控える

  2. よく噛んで腹八分を心がける

  3. 食べる順番を意識する

上記の3点、皆さんも是非意識してみてください。